勉強会・講演会

2010年10月16日 (土)

本日は勉強会です

本日14時からいつもの揖保川公民館で
通算10回目の勉強会を開催します。

内容は、アシ・オギ・マコモの話。
植物はじめ自然についての物知り博士、家永先生に
お話いただきます。

以前に、オギとススキの見分け方をレクチャーしてもらった
ことがありますが、先生の話はとてもわかりやすくて楽しい
という記憶が。

本日もきっと楽しいお話が聞けることでしょう。

会員以外でも参加できますので(参加費200円)
多数のご参加をお待ちしています。

大きな地図で見る

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

第9回定例勉強会

勉強会も通算9回目。
今回の講師は、会員の岩島さんです。

Photo

「『播磨国風土記』にみる竹」という演題で、
化石や埋蔵文化財などのお話からタケの分類、
そして風土記に出てくるタケについて
わかりやすく解説していただきました。

続きを読む "第9回定例勉強会"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

明日は勉強会です

今年度2回目の勉強会を明日21日、午後2時から揖保川公民館で開催します。

「播磨国風土記にみる竹」と題して、会員の岩島さんにお話していただきます。
「カタシボ竹」に、「太市のタケノコ」と、いひほのこおりと竹はなにやら
縁がありそうですね。
どんなお話をしてくださるのか、楽しみです。

会員のみなさんにはお知らせ済みですが、9月の研究旅行の受付も行いますので
忘れずにお越しください。

暑い中なので、水分補給できる飲み物などをお忘れなく~。

大きな地図で見る

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

第8回定例勉強会

新年度1回目のの講師は、事務局をつとめる新宮さん。
真打登場!?(笑)

町史編集に関わった立場から、揖保川町の永富家についてのお話です。

P6120003

続きを読む "第8回定例勉強会"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

明日は新年度最初の勉強会

ブログの更新を怠り気味で、いつもギリギリの告知ですみません…。

明日12日、午後2時から揖保川公民館で勉強会があります。
「中世いひほの里の人々 ~永富家の伝承~」と題した会員による
講演のあと、いつものごとく意見交換を行います。

揖保川町にある永富家といえば、住宅が国の重要文化財になっている
旧家ですが、果たしてどんな伝承が!?
興味津々です。

参加費は会員・非会員問わず200円ですので、お気軽にどうぞ。


最後に…新年度の予定は未定なことが多いのですが、
とりあえず会員募集のチラシだけupしておきます。
「2010flier.pdf」をダウンロード

大きな地図で見る

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

第6回定例勉強会

今回の勉強会、最初は播磨学研究所研究員でもある
埴岡真弓さんのお話から始まりました。

61

続きを読む "第6回定例勉強会"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

第5回定例勉強会

今年度最初の勉強会は、会誌『いひほ研究』に投稿された
風土記に出てくる「粒丘」と「銅牙石」の話で始まりました。

P6200015s

続きを読む "第5回定例勉強会"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

槻坂の草刈

2/15に予定されている現地見学会に向けて、地元中井自治会ご協力のもと
有志の方々による伐採作業が行われました。

20081211
草刈前の様子

これは12月に事前調査したときの写真です。
かなり生い茂っていて歩きづらそう…。

Cimg5590
草刈の様子

さすがみなさん、草刈機の扱いも手慣れたもの。
おかげで、安心して歩ける道になりました。

見学会のメイン、槻坂がどんな風になっているかは
当日のお楽しみ。

Cimg5632

みなさん、お疲れさまでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

第4回定例勉強会

多くの会員のみなさんが参加された『播磨国風土記』揖保郡条を読むも
今回でとうとう最終回です。

今日は少宅、揖保、出水、そして揖保郡条最後の里である桑原。
4つの里について読みすすめていきました。

Img_5306

続きを読む "第4回定例勉強会"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

第3回定例勉強会

『播磨国風土記』揖保郡条を読むも第3回目となりました。
今回は、大田、石海、浦上、萩原の4つの里です。

08231

揖保川の古名とされる「宇頭川」(うづがわ)、
歴史ある港町として有名な「室原泊」(むろはらのとまり)、
そして、「播磨」の地名由来と関わりがあるのではないかと
言われる「針間井」(はりまい)など、現代の私たちにも
おなじみの地名のお話が多くでてきました。

続きを読む "第3回定例勉強会"

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧